求人歴史街道

大正の京都の歴史

大正の京都は概要部分でも説明したとおり、荒れ果てた地からの復興が課題とされていたのです。この荒れ果てた地に絶望のが漂っていた京都でしたが、復興とは早いものですぐに人と人とが協力しあっていたのです。

また、天皇が東京に遷都をされてからは京都は独自の文化をもとに成長していきました。また、京都には幕末の志士たちが集う場にもなっていたため、旧寺田屋を始めすごく料亭は儲かっていたそうです。また、その料亭では腕のたつ料理人がたくさん在籍しており、京都料理の基礎を作ってきたとも言われており、求人を出し後世に引き継いでいくシステムが出来たとされています。

また、冒頭とおなじになりますが、現在行われている大河ドラマの舞台もこの京都です。その当時学校を設立するというのは難しく、たくさんのお金がかかりました。今と違い外国人を雇って行くというのはとてもお金がかかるものだったのです。

そこで、大正政府は頭の知恵を絞り考えたそうです。どうすれば安く求人を出し、安い賃金で雇えるのか・・・

まるで一休さんが謎をとくような状態でしたが、彼らは考えついたのです。その少し前廃仏毀釈という法令が政府が出しており、キリシタンの宣教師に協力してもらうことでいいのではないかと。

そうして出来たのがあの有名大学なのです。