求人歴史街道

京都の求人歴史

京都は戦国時代から多くの被害にあってきました。応仁の乱では京都大火によりたくさんの犠牲者とともい浮浪者にあふれたと言われています。そうした京都には復興に向けてたくさんの事業が行われているのが事実です。

なぜなら、1000年の都と言われるだけあって、天皇のお膝元たくさんの伝統工業が盛んになってきました。工芸品については後世に残すため、求人の専攻は厳しく、時には世襲と言われるものが行われていました。そのため、そうしたいざこざから争いが起きることもたくさんあったそうです。

また、明治時代前には京都はとても治安が危なくなりました。今で言うところのイラクと言っていいでしょう。毎日毎日人がどこかで血を流す。そういった時代の中では「闇討ち」と言われる暗躍する人たちの求人が行われていました。

各々の考えを持つ代表者がそれぞれの求人を出し、それについて人が募集しそして争いが起きる。そうした時代の中で勝者になった新政府軍がこの京都の地をもっと言い地にスべく求人とともに行った事業が「教育」でした。

今大河ドラマで行われている「八重の桜」もこうした京都の「求人」が元になっていると入っても過言ではありません。

では、そうした京都ではどういった歴史があり特長があるのかを説明しましょう。