求人歴史街道

大正の神戸の歴史

大正時代の神戸は、明治時代の延長線上と言ってしまえばそれまでですが、ほぼ明治時代後期と同じ姿を保っていました。しかし、その一方で大きく変わったこともありました。

神戸北部、六甲山を越えた所にある日本有数の温泉地、有馬温泉。有馬街道と言うのはありましたが、神戸市の中心部からはかなり遠いうえに急勾配が重なって、交通が不便なことこの上ない状態でした。

このような状態を解消しようと動いた役人が大きな決断をします。

「このままでは有馬の名が廃る。神戸と大阪を短時間で結んだ「鉄道」というものを使って、有馬にも行けるようにしよう。」

こうして、神戸の中心部と有馬地域を結ぶ鉄道の工事がスタートし、最盛期であったこの大正時代は鉄道関連の求人で溢れました。測量から線路の敷設、鉄道車両の製作や駅舎の建設など、求人の分野は多岐にわたり、瞬く間に大量の雇用が生まれました。

しかしこの鉄道工事は、急勾配との戦いでもありました。当時は車両の性能もそれほど馬力があるものではないため、平坦に近い勾配を選んで敷設しなければなりませんでした。

こうして有馬との鉄道が結ばれたのは大正が終わって間もなくの頃でした。この鉄道工事の技術が、今日の網の目のように緻密な鉄道網ができる礎になったのかもしれません。