求人歴史街道

神戸の求人の歴史

関西を代表する港町・神戸は「南京町」「須磨海岸」「有馬温泉」などなど…挙げていけばキリがないほど有名なスポットが沢山ありますが、そんな神戸の歴史を語る上で絶対に欠かせないのが「旧居留地」や「異人館街」といった所ではないでしょうか。

神戸は幕末から明治にかけてのいわゆる開国で、外国人が一気に神戸に来た影響もあり、一気に栄えます。

また神戸は、西日本における鉄道の基点となったという場所でもあります。JR西日本の東海道本線と山陽本線の境目の駅が、大阪や京都の駅ではなく、神戸駅であるということがその象徴ともいえるかもしれません。

高度経済成長期には国際都市という事もあり、観光に力を入れた活動をしています。現在でも国際都市というだけあって、外国語を話せると有利な求人も多く見受けられます。

そして神戸は、あの阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた場所でもあります。それからの復興ということで、全国から多くの人が求人やボランティアの積極的な募集によって集められました。

このように明治の開国から平成まで、時代を経るにつれて実に様々な変化をしていくということが、神戸の歴史の特徴だと思います。

それでは、関西3大都市圏の一つ、神戸の歴史について触れることにしましょう。